スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッド・ホーランド氏講演 

4月上旬に『シネマ・アフリカ2007?ルワンダの記憶?』が開催されます。「ホテル・ルワンダ」をはじめ、映画を通してルワンダで起こったジェノサイドを知る機会も増えてまいりました。
100日間で80万人が犠牲になったといわれる大虐殺から13年の歳月がたちました。さまざまな立場での振り返りが行われていますが、なぜジェノサイドが起こったのか、どのようにすれば防げたのか、今現在はどのような問題があるのかを、実際にキガリで国連人権高等弁務官・ルワンダ現地事務所(UNHCHR/HRFOR)で100名のスタッフを統括していたトッド・ホーランド氏から伺います。

日時:3月3日(土)18:50?21:00(18:20受付開始)
18:50?20:00トッド・ホーランド氏講演
20:00?20:15休憩
20:15?20:55稲場雅紀氏司会質疑応答
21:05終了(予定)

会場:品川区総合区民会館きゅりあん5F第2講習室
http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/cumap.html

参加費:一般1500円 学生1000円
講師:
トッド・ホーランド氏(Todd Howland)
カリフォルニア州ロサンゼルス人道法プロジェクト委員。
ロバート・ケネディ記念財団人権センターディレクター
UNHCHRルワンダ現地事務所としてルワンダに1994年?1996年赴任。
司会:
稲場雅紀氏
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会アフリカ紛争問題タスクチーム

申込・rtaniguchi@amnesty.or.jp までメールでお申込みください。

主催:
社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。